カーシェアリングとは?マイカー所有より断然お得です!

カーシェアリングとは

カーシェアリングをご存知ですか?

自家用車(マイカー)を保有している家庭において実際に車が使われている時間は、
よく車を使う家庭でも平均1、2時間/日と言われています。

 

週末しか利用しないという家庭も多いですし、中には月に1、2回という家庭すらありますよね。
自動車自体が高価なものですし、所有すると駐車場や保険料、税金など、高い維持費がかかりますよね。

 

昨今の原油高でガソリンも高騰しています。
いくら燃費のいいハイブリッド車や電気自動車を買うにしても、通常のガソリンエンジン車よりも車両価格はかなり高価です。

 

自家用車(マイカー)を所有するとなると、以下のような経費がかかります。

  • 車の購入費用(ローンの場合は金利も)
  • 車検や点検整備費用
  • 重量税や自動車税などの税金
  • 自賠責保険料
  • 任意保険料
  • ガソリン代
  • 駐車場代

 

購入するための費用だけでなく、維持費も含めるとかなりのお金が必要です。
でも、自家用車であれば好きな時に好きなだけ車を使えるメリットがあります。

 

ドレスアップをして自分の趣味に合わせた車にカスタマイズすることもできちゃいますよね。
所有することによるこれらのメリットを諦める代わりに、車の購入費用や維持費をなくし、
「時間貸しレンタル料」 というコストだけで車を使えるようになるのが「カーシェアリング」なのです。

 

そんなに使わないのに負担が大きい自家用車(マイカー)所有に疑問を感じていたり、再検討する人が増えています。
カーシェアリングとは車を必要な時に必要なだけ利用し、その分の費用を負担する仕組みです。
自家用車(マイカー)所有が重荷になっている人にとって非常に効率のよいサービスといえます。

 

自動車を借りるという面ではレンタカーと近い存在ですが、一般にレンタカーよりもごく短時間の利用を想定しており、
利用者にとってはレンタカーよりも便利で安価になるように設定されていることが多いのです。

 

月額基本料として1000円前後かかる場合が多いようですが、カーシェア利用料に充当できるようです。
現在のところは、駐車場代が高く、公共の交通機関が発達した都市部を中心にカーシェアリング・サービスが拡大しています。

どんなシチュエーションの人にメリットがあるのか?レンタカーじゃダメなの?

自動車を必要な時だけ借りるならレンタカーでも同じじゃないの?
なんて思われるかもしれませんが、レンタカーの場合は1回借りるごとに窓口に行って手続きをし、
車の傷を確認して鍵を渡されて出発、時間が来たら給油後にレンタカー屋に返却という手続きが必要です。

 

カーシェアリングはそういう対面での貸し出し手続きが省略されているのです。
あらかじめカーシェアリング会社に利用登録をしておけば、自分が使いたい時間帯に使いたい車が空いていさえすれば、
PCやスマホから予約をし、あとは車に行って乗り込むだけという簡単な手順で利用できるのでとても気軽なのです。

 

レンタカー屋はいくら首都圏や大都市部でもたくさんは存在していませんよね。
自分の家から最寄りのレンタカー屋まで距離があって電車に乗らないと行けないなんて場合もあると思います。

 

それに比較してカーシェアリングは地域によってはいたるところにある場合が多いのです。
カーシェアリング会社によって変わってはきますが、
タイムズカープラスは至る所にあるタイムズパーキング (全てのP配備ではないですが) がステーションになっている為、
例えば都内だとかなりの密度でタイムズカープラスのカーシェアリングステーションが存在することになります。
(ステーション詳細は後ほど紹介する各社の公式HPでご確認ください。)

 

カーシェアリング流れは以下になります。(会社によって少し違うこともありますが、ほぼこんな感じです)

  1. PC やスマホから予約
  2. 車へ行き会員カードでロック解除
  3. 車内にある車の鍵を取ってエンジン始動、出発。途中でエンジン切った時などは普通の車と同じ
  4. 給油が必要なら車内にあるクレジットカードで給油
  5. もし利用時間延長の必要がある場合はナビから操作して申請
  6. 戻ったら鍵を車内所定の位置に戻し会員カードで施錠して終了

こんなにシンプルです。

 

カーシェアリングの場合、全国どこのステーションでも簡単に車を借りることができる仕組みのため、
外出、出張、旅行先でもステーションさえあれば、いつもと同じ手順で使うことができるのも便利です。

 

下記にレンタカーとカーシェアの比較をまとめてみました。

 

  • 家の近所ですぐに車が借りられる
  • 24時間いつでも車が借りられる
  • 仮に 1ケ所のステーションに空きが無くても、近隣のステーションがあれば、そちらも探すことで借りられる
  • 借りるときの面倒な手続きなし
  • 「短い時間ちょっとだけ借りたい」 といった柔軟な借り方ができる
  • 利用料にガソリン代が含まれてる

 

利用料にガソリン代が含まれてるって素晴らしいですよね!

 

ガソリン代は利用者が払う必要がありませんが、もちろん給油をしないと車は動いてくれません。
車に設置してあるクレジットカードで利用者が必要な時に入れるというシステムなのです。
(出光、エネオス、コスモ 等、主要なガソリンスタンドはほぼ使えます)

 

なので、カーシェア利用料以外にかかるのは、高速道路を利用した際の通行料 (車には ETC が搭載) くらいです。
洗車をすると利用料が割引になるカーシェア会社もあるようです。

本日オススメのカーシェアリング会社をご紹介します!

ステーションがたくさんある大手のカーシェアリング会社がオススメとなります。
各社とも特徴や料金の差がそれぞれあるのですが、選ぶポイントは自宅や利用場所の近くにステーションがあるかです。

 

近所にステーションが無いのでは気軽に利用できないですからね。
希望車種や設置台数などを比較してみて、ご自分に合ったカーシェア会社を選んでみてくださいね!
レンタカーではあまり選択できない外車も選べるので、そういう車種を選択しみてみるのも面白いかもしれませんよ。

 

 

>>まずは以下リンクから各社公式サイトにてステーション場所を確認してみてください<<

 

 

・三井物産グループのカーシェアリング『careco(カレコ)

 

カレコ・カーシェアリングクラブ
↑↑↑クリック↑↑↑

 

キャンペーンが豊富で、入会時のユーザーのコスト負担は実質ゼロ。業界最安クラスの料金が魅力です。
首都圏の『三井のリパーク』や月極駐車場など、ステーションを拡大中。
他社に比べ幅広い車種を取り扱っており、様々な用途・シーンご利用いただけると口コミでも広がっています。
業界唯一の「平日プラン」なら、さらにおトク!なんと、学生は4年間も月会費が無料!!!
学生訴求
↑↑↑クリック↑↑↑

 

 

 

・Times Car PLUS(タイムズカープラス

 


↑↑↑クリック↑↑↑
全国のTimesで利用でき、エコカーから輸入車まで多彩な車種に乗れるのが魅力です。
全国にたくさんあるのが魅力ですね。

 

 

 

どうしてもレンタカーが良い!という方は下記で一括比較がオススメです♪

 

・じゃらんレンタカー

 


↑↑↑クリック↑↑↑
レンタカー予約のじゃらん。
国内レンタカー各社の営業所検索・料金比較・オンライン予約 ができます。
乗り捨ても可能なので旅行・おでかけの際には、じゃらんnetのレンタカー予約・ プラン比較ご利用してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

...

カーシェアリングとは手軽にエコライフ!

カーシェアリングを利用すれば、クルマの維持費の削減につながるだけぇでぇなくエコライフも実現でぇきます!
環境保全ちゅう観点からも、カーシェアリングはいま絶大なる注目ぇを集めていますわ。

 

カーシェアリングはエコロジーちゅう観点からみても、きわめてでかっメリットがやるちうワケや。
複数の会員でぇシェアし共同利用やるカーシェアリングは、環境負荷を減らした地球に優しい車の所有形態&使い方でぇやるっていえます。

 

アメちゃんリカの大手ぇカーシェアリング事業社は、1台のカーシェアリングでぇ約20台のマイカーを減らすこってがでぇきるって報告してんねん。
カーシェアリングがまずます普及し自動車保有台数が減少すれば、当然交通量も減るこってにな、結果的にCO2排出量の削減にもつながるんや。

 

また、必然的に交通ダダ混みも緩和され事故も減少すんねんでぇ、エコ以外のメリットも見込めます。
カーシェアリングとは環境問題の改善だけぇでぇなく、様々な社会問題の改善も期待でぇきるちうワケや。

 

カーシェアリングの利用料金は、利用時間って利用距離にやって決まるんや。
マイカーを利用しとるってそない気にも留めへんこってやけど、無駄に長い時間乗っとったり、長い距離を利用したりやるって、利用料金が高くなってしまいますわ。

 

そのため、カーシェアリングの利用者は、利用料金をちびっとせやけど減らすために利用時間って走行距離を意識的に減らそないって努めるわうになんねん。
その結果、日本のやるカーシェアリング事業者にやるって、カーシェアリング入会後でぇは、入会前に比べて年間走行距離が1/5にまでぇ減ったせやでぇ。

 

これは年間のCO2排出量に換算やるって30%以上も削減されいかってになんねん。
カーシェアリングを利用すれば、自動車の台数の減少にやってだけぇでぇなく、走行時間・走行距離の減少にやっても、CO2排出量を大幅に削減やるこってがでぇきるちうワケや。

 

今んところ、ようけのカーシェアリング事業者が環境負荷にカーシェアレンタカー比較配慮して、大気汚染もん質の排出が少なく地球にやさしい電気自動車(EV)やハイブリッド車やらなんやらのエコカー(低公害車)を導入してんねん。
減税措置等でぇエコカーは一般にも普及してきよったが、ほんでもガソリン車って比べるってまやまや高価でぇやるため、環境にやさしいってはわかっておってもずぅぇえええぇぇええんぶの人がマイカーってして所有すんのんなかなかなんぎっていえるでっしゃろ。

 

せやけど、カーシェアリングとは複数の会員でぇ車をシェアやるため、高価なエコカーせやけど利用やるこってがでぇきます。
カーシェアリング利用者が増えれば、自動車全体に占めるエコカー率も増えていくため、その点からも環境負荷を低減やるこってにつながるちうワケや。

車の場合と同様に、購入とメンテナンスのための経費はかかりません。カーシェアリングは、いつでも使いやすい24時間使用できます。
このような利点と利便性がテーマになり、2010年の15,000人のユーザーは2014年に465,000人に達します(*)。
それは4年間で約30倍に増加しました。
<関連記事>カード取引市場の動向 - 2014年の全バージョン:主要8社2014年の主要トピック|カーシェアリング比較
※出典:交通エコロジー・モビリティ財団「日本のカーディオリーディングシャーシと会員数の推移」
現在、ユーザーの数は着実に増加し続けていますが、「便利で収益性の高い」Carie反応が必ずしも最良の選択であるとは限りません。
実際には、カーシェアリングにはすべてが良く見えるという欠点があります。
<3車の短所>
@放棄ではない
A予約時の返却時間を設定している場合
B早めに予約されており、借りることができない場合があります
しかしながら、このような不利な点は、若干工夫するだけで解決および緩和することができる。
今回は、カーシェアリングの欠点とその解決方法を紹介します。
あなたはそれを落とすことができますか?カーシェアリング比較

 

過去50%OFF以上で人気(16時間22分11秒)
「カー&バイク」関連商品一覧はこちら
Amazonでもっと読む
欠点@レンタカーが「却下」して清掃する

 

私がブログで数回確認したように、唐津の反応は雨のカードに比べて便利で便利に使うことができます。
<参考:放散量0円!あなたがカーシェアリングとはまったく違っていることを知っていることを知っているクルシーの保険と補償について話してください>
<参考:短期間だけでなく、長い時間がかかっても、Carsear Rearingが有利です! 【レナーカーとそれらのカーリングが違う2】>
<もしあなたが迷子になったら、すぐに疲れた!あなただけのキャンペーンを使用することができない場合! 【レインコート付カイトリング1】>

 

しかし、カーシェアリングはレナータ車よりはるかに優れています。
Rennerには営業所とは別の営業所がありますが、基本的にカードリングは出発地とは異なる場面に戻ることはできません。

 

渋滞や車の巡り合わせに「集まる」ことには、美しい欠点があります。

 

デパートに行き、手荷物を返却して出発に戻りたいと思います。車が存在しない場合。
したがって、一時的な空想の損失が発生します。

 

また、出発テンションに戻った場合、往復の時間費用が発生するため、時間の損失だけでなく費用の損失も生きるでしょう。

 

カーシェアリング不利益は、自動車販売で「落ちる」ことによってユーザーに生き残ったことがあります。